【第1回】会社や家族は良くも悪くも1つのコミュニティである

劣悪な環境からの脱却

こんにちは、ゆうぞうです。

 

皆さんはコミュニティという言葉を知っていますか?

ビジネス系の勉強をしている人であれば、「今はコミュニティの時代だ」なんて言葉は良く聞くと思います。

コミュニティやビジネスと聞くと少し固い印象を受けるかもしれませんが、「会社や家族」というのも1つのコミュニティです。(後程詳しくお話します。)

 

そんな中「劣悪なコミュニティ」に縛られ、悩みながらも抜け出せずにいる人もいます。

なので、今回から「劣悪なコミュニティからの脱却」をテーマに、しばらくシリーズ化していこうかと思います!

できれば2日に1記事ペースでお届けできればなと思っています。

 

では前置きが長くなりましたが、第1回目を始めていきます!

 

スポンサーリンク
 

そもそもコミュニティってどういう存在なのか

先ほど会社や家族もコミュニティの1つという表現をしましたが、そこについて深堀していきます。

 

そもそもコミュニティというのは、いくつかの特徴を持っています。

・リーダーがいる
・コミュニティメンバーが同じ理想に向かって動いている
・特定のルールや規則がある

こんな感じです。

 

会社であれば上司がリーダーに、家族であれば両親がリーダーになります。

で、そのリーダーを筆頭に、コミュニティが共有している理想に向かって動いていくのですが、会社であれば経営理念、家族であれば家庭の幸せになりますね。

 

さらに、会社や家族と1口にいっても、当然それぞれ違うルールや規則の中で暮らしています。

ある所では高校卒業後すぐに働きに出なければいけないかもしれないし、食事は家族全員が揃って食べないといけなかったり、お父さんから食べないといけなかったり…

 

それぞれが、それぞれの理想とルールによって一丸となって活動している、いわば共同体がコミュニティと呼ばれています。

平たく言うと、”村”みたいな感覚ですね。

 

ビジネスにおいても「今はコミュニティの時代」と言われていますが、お話したように会社や家族も十分コミュニティと言えますよね。

もう少し広げると、オンラインサロンやYouTubeチャンネルもリーダーがいて、理想を共有して、共に動いているので、コミュニティと呼ばれています。

 

コミュニティについてはなんとなくでも伝わっていれば嬉しいのですが、これを前提にこれから僕がお伝えしたい内容に入っていきます。

 

スポンサーリンク
 

コミュニティって良いもの?悪いもの?

「コミュニティって良いものなの?悪いものなの?」っていう疑問は、ここまで読んでいただければ何となく出てくると思います。

 

コミュニティは、ある理想を共有した共同体なので、その理想に共感できるのであれば、それはその人によって、良いコミュニティと呼べます。

もう少し言うと、自分の居場所があって居心地の良い場所であれば、良いコミュニティって事ですね。

こんな感じである程度コミュニティの良し悪しは自分で決める事になるのですが、冒頭でもお話した通り「劣悪なコミュニティ」というのも存在します。

 

理想に共感できず、居場所が無く、居心地が良くない場所。

 

それが、僕の場合だと”会社”でした。

これは単に「上司が嫌い」とか「人間関係が悪い」とかそういう問題じゃなくて、会社に共感できなかったっていうのが問題でしたね。

だから会社仲間とはどうしても温度差が出てくるし、理想が共有できていないので仕事の方向性もバラバラ。

どっちが悪かったっていうよりは、コミュニティが合わなかったというのが正確かなと思っています。

実際こうやって書いていると言い訳のように見えますが…笑

 

だからこそ、僕は会社を辞めてフリーランスとなる事を選んだ訳で、遅かれ早かれこの道を進むことになっていたかなと今は思います。

 

スポンサーリンク
 

コミュニティは理想を共有する者だけがメンバー

最後に少しコミュニティの闇についてお話していきます。

 

これまでお話してきたように、コミュニティというのは理想を共有し、その理想に向かって共に行動していく存在です。

だからこそ、その中の”理想”に向かって行動できない人はコミュニティのメンバーとは言えない訳ですね。

メンバーから外れると、やっぱり居心地が悪いですし、どんどんストレスも溜まってきます。

 

”じゃあそのコミュニティから抜ければ良いじゃん”

 

っていう話になってくるんですけど、これを会社に置き換えると中々そうはいかないと思います。

実際に会社に不満や悩みを抱えながらも、お金の為や家族の為にと一生懸命”合わないコミュニティ”の中で働き続けている人が多いと思います。

アルバイトであればまだ良いですが、社員となると”責任”という言葉が重くのしかかり、さらにそのコミュニティに縛られる事になります。

 

転職もきっと考えるかもしれませんが、日本自体が転職に対してあまり良い評価がされませんし、転職先でも同じ事が起こるかもしれない。

ここまで考えて、「今はとりあえずこの会社でいいや…」ってなるんですよね。

 

めちゃめちゃ気持ちは分かります汗

 

ただ、

僕は性格上”好きな事しか出来ない”ので、その会社に居続けるという選択は、最終的には排除しました。

 

「じゃあ自分は会社に居続けるしかないのかな…」と思うかもしれませんが、ここら辺については、次回以降じっくりとお話していきます!

好きな事の見つけ方とか、会社をどう利用していけば良いのかetc…

 

では、また次回でお会いしましょう!

●人生をデザインせよ – 僕が活動する理由

●【第2回】会社が楽しい人と楽しくない人の根本的な違い

 

スポンサーリンク
 

タイトルとURLをコピーしました