原聡悟容疑者の顔画像、出身校は?なぜ母や祖母を殺害したのか?以前起きた事件から動機を考察!

11月5日、島根県出雲市の住宅で実の母と祖母を殺害したとして、孫の原 聡悟容疑者が逮捕されました。

原 聡悟容疑者の顔画像、出身校について調査しました。

さらに、ネットの反応、動機についても探っていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp/

事件が起きたのは11月5日、原 聡悟容疑者の父である原 圭司さんが所有する島根県出雲市知井宮町にある自宅。

出雲市知井宮町の学生・原聡悟容疑者は5日午前、自宅で同居していた祖母の原安枝さん(82)の頭をハンマーで殴るなどして殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、自宅2階では原容疑者の母親の圭子さん(46)も死亡しているのが見つかりました。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp/

事件後行方が分からなくなっていた原 聡悟容疑者を同日出雲市の路上で発見し、殺害をほのめかすような供述をしたために、任意で事情聴取していた模様です。

祖母にとっては”孫”、母にとっては”息子”という一般的には可愛くて仕方がなく、多くの愛情を感じ取れる関係性である原 聡悟容疑者。

どうしてこのような残虐な事件が起きてしまったのか、不思議でなりませんね。

祖母や母の気持ちを考えると、胸が締め付けられるような感覚を覚えます。

原 聡悟容疑者の顔画像と出身校

引用:https://news.tv-asahi.co.jp/

残念ながらまだ顔画像については、正確な情報が公開されていません。

送検の際に写っているという声もありますが、定かではありませんので、情報が公開されましたら、加筆させていただきます。

また、出身校に尽きましては、高等専門学生と報道されており島根県内であれば、「松江工業高等専門学校」が有力だという意見もありますね。

賢い頭脳を持つと思われる原 聡悟容疑者がなぜこのような犯行に及んだのか・・・

調査していくとますます疑問に感じます。

頭が良い故の苦悩が日常にあったのでしょうか。

事件現場と地図が公開

事件現場である島根県出雲市知井宮町の現場画像と合わせて地図が公開されていましたので、掲載します。

引用:https://www.asahi.com/

正面からの画像も発見

引用:https://www.fnn.jp/

事件があったのは赤い屋根の住宅で、判断材料は少ないですが、比較的閑静な住宅街かと思われますね。

原一家は5人暮らしであったようで、一階で祖母二階で母が発見されたようです。

詳しい住所までは公開されていませんが、周辺の地図を掲載しておきます。

スポンサーリンク

原 聡悟容疑者のプロフィールと家族構成は?

名前 原 聡悟(はら そうご)
年齢 21歳
住所 島根県出雲市知井宮町
学校 高等専門学校

さらに家族構成についても調査しました。

父親 圭司さん(50)
母親 圭子さん(46)/死亡
祖母 安枝さん(82)/死亡
聡悟容疑者 今回の容疑者
長女 詳細不明

両親の年齢が離れている事から、お二方は同級生ではなく職場やその他の出会いの場で知り合ったのでしょうか。

母親はまだ46歳。

長女が結婚していたかは定かではありませんが、ご結婚相手や子供の顔は見れたのでしょうか。

そうでなければ、非常に無念ですね。

原 聡悟容疑者のSNSアカウントについて

原 聡悟容疑者のTwitter、Facebookの本名アカウントは検索がヒットしませんでした。

本人が事件後削除したのか、元々SNSはやっていない人物だったのかは不明。

もしかしたら、実名ではなくニックネームで登録していたのかもしれませんね。

Facebookの検索結果を記載しますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebook検索結果

スポンサーリンク

母、祖母を襲った動機と手口

引用:https://www.fnn.jp/

凶器はハンマーのような鈍器で、頭部を殴打し殺害したようです。

詳細な手口はまだ明らかになっていませんが、原 聡悟容疑者は殺害を認めており、警察は供述の裏をとっているようです。

容疑が固まり次第、再逮捕になるそうです。

動機についても、まだ詳しい情報が公開されておらず、様々な憶測が飛び交っています。

可能性としては、原 聡悟容疑者は高等専門学生であり、祖母や母親に勉強や将来について口酸っぱく言われ、普段のストレスと共に一緒に爆発して犯行に及んでしまったケース。

凶器にハンマーを選んでいる事からも、ついカッとなってしまい突発的に殺害してしまったという考察ができますし、事件後自首はしていませんが、路上で発見されたという事から、事件を悔い、出頭しようか考えていたとも取れます。

そこへ警察の方が来て、素直に供述したのかもしれませんね。

詳しい情報が入り次第、加筆いたします。

以前に起きた事件から動機を考察

2018年8月に弁護士の母を19歳の息子が刃物で胸などを刺し、殺害した事件がありました。

事件後犯行に及んだ息子が動機について「分からない」と供述しています。

宜野湾市内のアパートで15日、同居する介護士の母親=当時59歳=の胸などを刃物のようなもので刺して殺害したとして、鉄筋工の息子(19)が殺人容疑で逮捕された事件で、息子が殺害動機について「分からない」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。アパートを訪れた娘が部屋に入ろうとした際、玄関のドアチェーンが掛けられていたことも分かった。県警は息子が母親を殺害後、ベランダから逃走した可能性が高いとみている。

引用:https://www.okinawatimes.co.jp/

また、事件後息子はベランダから逃走しているようですね。

この事件は犯人が鉄筋工という違いはあれど、年齢や状況的には非常に似ている部分があります。

今回の原 聡悟容疑者ももしかしたら動機については「分からない」のかもしれません。

なぜ母、祖母を殺害してしまったのか自分でも理解できずに、半日近くさまよい路上に立ちすくんでいたのか。

やはり動機が気になります・・・

スポンサーリンク

ネットの反応

・祖母と母を殺害したのが孫で息子…残された家族は今後地獄だろう。

・最近孫がじいちゃんばあちゃんを殺すの多いね。何かカチンとくること言われるんだろうね

・こーゆーヤツって高齢者、女、子供には異常に強いんだろーな。サイテー。

・人を殺めたら・・・100%・死刑 !

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

日本の行く末や原 聡悟容疑者の死刑を求める声など辛辣なコメントが多く見受けられますね。

原 聡悟容疑者に責任能力があったのかという点が。キーワードになっていくかもしれません。

今後もこのような事件が多発してしまうのでしょうか・・・

原 聡悟容疑者の動機や事件の解明が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする