【番外編】常に自分を責めていた僕に足りなかった「たった1つ」の視点とは?

劣悪な環境からの脱却

こんにちは、ゆうぞうです。

 

 

・「今からこの本読み切ろう!」
・「明日から筋トレを習慣にしよう!」
・「よっしゃ!YouTube始めて毎日投稿してやろう!」

 

 

こんな事を思って始めたは良いものの、全く続けられない・・・

 

そして、自分を責めてしまう。

 

 

このような経験は誰しもがあると思います。

 

もちろん、僕もあります。

 

 

今回はそんな人に足りない“1つの視点”について、僕の経験を例に記事を書いていきます。

 

「自分は何も続かないし出来ない…」という悩みは、この記事を読み終える頃には無くなっていると

 

思います。

 

 

では、さっそくいきましょう!

 

スポンサーリンク
 

自分を責める?それはただ天狗になっているだけです。

今回のテーマのキーワードは、「自分を責めてしまう人」ですが、僕も過去はそうでした。
それこそ冒頭でも挙げた、

 

 

・「今からこの本読み切ろう!」
・「明日から筋トレを習慣にしよう!」
・「よっしゃ!YouTube始めて毎日投稿してやろう!」

 

 

こんな事を思って始めては良いものの、何も続かない人間でした。

 

 

そして、その何も続けられない自分に対して、

 

・「なんでこんな弱い人間なんだ・・・」
・「自分は本当に好きな事しかできない人間なんだな」
・「ちょっとやったけど、何となく分かったしもう飽きたな…」

 

こんな感情を持っていました。

 

 

学生の頃からずっと悩んでいましたが、最近とある人に思い切ってこの事を相談してみました。

 

 

「僕は本当に好きな事しか続かないんですよ」

「それにやり方とかルールが分かったら、すぐに飽きてしまうんですよ」

 

 

僕の中では、誰にも話したことが無い、結構勇気がいる相談でした。
その後に、帰ってきた言葉が、

 

 

「いや、みんなそんなもんだよ」

 

 

でした。

 

その時点で僕はかなり衝撃を受けていましたが、その後に

 

 

「それにちょっとやってすぐ飽きるっていうのは、井の中の蛙すぎるぞ?」

 

 

っていうことを言われて、まさに心のビンタを受けた感覚でした笑

 

触りですぐ飽きるというのは、中学校の数学で満点を取ったからといって、「数学の世界は全て理解したな」といっているようなもんだと。

 

 

僕は、本当に心の底から「いや、マジでその通りだな」って思いました。

 

ド田舎の辺境の地に住む人間の思い込み

僕はあまりにも周りが見れていませんでした。

 

 

・「なんで自分は何も続かないんだ」
・「なんでこんなに成果が出ないんだ」

 

 

こういう思考の裏には、“自分の才能を買いかぶりすぎている”ことが原因にありました。

 

平たく言うと、天狗になっているだけでした。

 

 

「自分には出来る!」と思っているから、やってみて出来ないと自分を責める。

 

この「自分なら出来る!」という強い思い込みが全ての原因です。

 

 

ド田舎の辺境の地に住むただの人間に、そんな特別な能力は与えられてない。

 

僕はこれに気付くのに、25年かかってしまいました。

 

 

もし今読んでくれてるあなたも、昔の僕と同じように考えているのなら、自分に問いかけてみてほしいです。

 

「自分は、天狗になっていないか」と。

 

出来ない自分を受け入れて、それを踏まえて乗り越えることで、始めてスタートラインに立てます。

 

スポンサーリンク
 

 

極論、人はみんなナマケモノ

 

もう1つ、深く考えてみると、「人はみんなナマケモノ」という視点があります。

 

 

・「筋トレが続かない」
・「読書が続かない」
・「YouTubeの動画投稿が続かない」

 

 

当たり前です。

 

なぜなら、基本的に人間というはナマケモノだからです。

 

 

もう少し具体的に話すと、“今生きていくために必要ではないから”続かないということです。

 

別に今すぐ筋肉を付けないと、本を読み切らないと、動画をアップしないと死ぬわけではないですよね。

 

これが最大にして、最強のナマケモノマインドです。

 

 

 

僕は今、ほぼ毎日読書をして筋トレをして、2日に1記事のペースでブログを投稿しています。
昔の僕で考えると、絶対に続けられていないことばかりを、今は続けられています。

 

 

それは、僕は12月に仕事を辞めて、安定した収益が無くなり、死ぬかもしれないからです。

 

これ以上でもこれ以下でもない。

 

この言葉のままです。

 

 

ナマケモノマインドを一番強烈に打ち破るには、「ナマケモノじゃいられない状況を作ること」です。

 

もしあなたが、このナマケモノマインドに悩んでいるのでれば、できる範囲でその状況作りを試してみてください。

 

 

そして自分を弱さを克服できて、金銭的な不安がなくなると、またナマケモノマインドがやってくる。

 

 

 

そんな時は、別の大義名分を作れば良いです。

 

 

・「社会に貢献したい」
・「自分の昔からの夢を実現させたい」
・「もっとカッコ良い人間になりたい」

 

 

こういう風に、今の自分に合った大義名分を作る事で、ナマケモノマインドやモチベーションを上手くコントロールすることが出来ます。

 

 

今回は少し短めですが、この辺で終わりにします。

 

 

では、また!

 

●【第15回】会社が辛い人ほどかかる転職の罠。見落としがちな大前提とは・・・

●【第16回】協調性がある人ない人。ユニークなのはどっちなのか?

 

スポンサーリンク
 

タイトルとURLをコピーしました