小鳥剛容疑者の顔画像、犯行動機は?経歴・「それいゆ」の場所を調査!

2月3日のニュースで、岐阜県高山市にある老人介護保険施設「それいゆ」で2017年夏、入居者5人が相次いで死傷した事件があり、このうち91歳(当時)の女性に対する傷害容疑で、元職員の小鳥剛容疑者が逮捕されました。

小鳥剛容疑者の顔画像やFacebook、プロフィールについて調査しました。

また、小鳥剛容疑者の犯行動機、経歴、「それいゆ」の場所についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

事件が起きたのは2017年夏、岐阜県高山市にある老人介護保険施設「それいゆ」で起きたようです。

岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年夏、入所者5人が相次いで死傷した事件で、県警捜査1課と高山署は3日、このうち91歳(当時)の女性に対する傷害容疑で元職員の小鳥剛容疑者(33)=名古屋市南区戸部下=を逮捕した。

引用:https://www.jiji.com/

被害にあった入居者は5人で、今の所小鳥剛容疑者は、91歳の女性に対しての傷害容疑で逮捕されています。

その他の入居者の死傷に関与しているのかについては、今も調査中のようです。

約半月間で5人もの死傷者が出るというのは、普通に考えて異常事態だと考えられますね。

小鳥剛容疑者の顔画像、Facebookは?

引用:http://tokai-tv.com/

小鳥剛容疑者の顔画像について調査しました。

一部ニュースサイトには顔画像が公開されていますね。

顔を見る限りでは優しそうな印象を受けますが、スマートフォンのカバーから少し狂気的な印象も感じ取れます。

また、Facebookについても調査しましたが、利用していなかったのか、同名アカウントが存在しておらず、特定には至りませんでした。

検索結果を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebookの検索結果

スポンサーリンク

小鳥剛容疑者のプロフィール。その経歴は?

名前 小鳥 剛(おどり つよし)
年齢 33歳
住所 愛知県名古屋市南区戸部下
職業 老人介護施設 職員
容疑 傷害罪

ニュースサイトやSNSから、簡単なプロフィールを作成しました。

年齢は33歳と、職場でもそれなりの役職に就いていた可能性が高いですね。

その為、ある程度は権限が強かった可能性も考えられます。

公式サイトなどから小鳥剛容疑者の経歴を調査しましたが、あまり情報はなく、これまでの経歴は特定できませんでした。

小鳥剛容疑者の印象に対しては、多くのサイトで”サイコパス”であるというコメントが見受けられますね。

実際に何かしらの精神的病を患っていたのでしょうか。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

小鳥剛容疑者の犯行動機

小鳥剛容疑者の犯行動機について調査しました。

しかし、今の所ニュースサイトなどでは明らかにされていませんでした。

推測するならば、「介護or仕事に疲れた」「犯罪のスリルを味わいたかった」「自分の欲望(暴力)を満たしたかった」という3つが考えられると思われます。

特にニュースサイトを閲覧していると、「自分の欲望(暴力)を満たしたかった」という動機が最もしっくりくるように感じます。

しかし、常人には中々想像できない理由から犯行に及んだという可能性も十分員あります。

動機については気になりますが、どこか聞きたくないという恐怖も感じてしまいます。

こちらに関しても情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

事件現場「それいゆ」の場所

事件が起きた岐阜県高山市にある老人介護保険施設「それいゆ」の場所について調査しました。

グーグルマップの検索結果を記載しておきます。

クチコミの評価が1.8ですね・・・

これは事件発生前からなのか、発生後なのか気になるところですね。

傷害罪の刑罰は?

今回小鳥剛容疑者には”傷害罪”が科せられています。

その刑罰は”15年以下の懲役又は50万円以下の罰金”に処せられると思われます。

実際、傷害の程度などによって若干刑罰が変動するようですね。

また、被害にあった他の入居者に対する容疑が確定すると、さらに重い刑罰になると予想されます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・私も介護職員です。
私の思うには企業が箱モノをいっぱい作り誰でも(介護度・人格・その施設に合っていない等々)いいから入居させて利益を上げようとする体制・また介護スタッフをしっかり教育できていないまま独り立ち(一人前のスタッフとして)現場を出すなど。
まだまだ問題はいっぱいありますがね。
介護の仕事は人の命を預かる仕事でもあると思います。
世の中利益優先でどこか間違えている気がします(企業では利益も大事ですが)。

これはあくまで個人的考えですが、政治家のよくわからない金や大企業の私物化した大金を介護の現場に還元して頂きたい、そうすれば少しは介護スタッフの質も上がると思う(もちろん立派なスタッフさんも大勢いますが)。

・入居されている方をお金にしか見ない経営者は何が起きても我慢させたり、無かった事にしたりしているから現場のプレッシャーは半端ないです。
家族も自分たち身内でも出来ない事を当たり前に要求してきます。
利用者が守られる保険が介護保険ならば、介護職員が守られる介護者保険も整備してくれなきゃ、このような悲劇が続きますね。
被害に遭われた方の御冥福をお祈りします。

・介護職してますけど、利用者に感情移入しないことがコツです。でも相手は人間だし元々の性格、認知症や病気怪我の症状によって、どう対処すべきか考える必要があります。

介護職していたら誰でも加害者になり得るみたいな風潮になってますが、そこは勘違いしてほしくないです。

介護職で利用者に暴行するような輩はごく一部だということです。

唾を吐いたり暴言を言ったりするような利用者は大体前もって予想出来ます。

そうゆう利用者を相手にするときは、その場を第三者的に俯瞰して見るようにしておけばいいのです。ダメージはゼロです。

あと物理的な対処も必要です。引っ掻いてくる相手なら長袖を着る、暴れる人な二人以上で対応する、などです。当たり前です。認知症やら病気で健常者ではないんですから。怒るようなことではありませんよ。「どう対処するか」だけです。

・同じような事件がいつまでもなくならないですね
資格取得の厳格化も必要だと思う反面、人材不足も懸念されているし
どうにかうまい対応できないものでしょうかね

用:https://headlines.yahoo.co.jp/

やはりネットでは、施設の利用者に対する「可哀そう」という感情からのコメントが多いようですね。

このような事件は発覚すると、同じような事件が複数起こるという傾向にあるので、今は事件が起きないよう、祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする