奥川剛史容疑者の顔画像は?イケメン?通っていた大学を特定か。下半身をTwitterに投稿!

11月29日のニュースで、Twitterにわいせつな画像を投稿したとして名古屋市の私立大に通う大学3年生、奥川剛史容疑者が逮捕されました。

奥川剛史容疑者の顔画像、Facebook、プロフィールについて調査しました。

また、動機、投稿した画像やTwitterアカウント、通っていた大学についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

事件は、6月10日午前4時15分頃に起きていたようです。

ツイッターにわいせつな画像を投稿したとして岡山県警は29日までに、わいせつ電磁的記録陳列の疑いで、名古屋市緑区桃山、私立大3年、奥川剛史容疑者(21)を逮捕した。

引用:https://www.sankei.com/

約17分間の間に、自らの下半身の画像を4回に渡り、Twitterに投稿したようです。

直接第三者に下半身を見せるのではなく、SNSを利用するというのは、現代ならではの事件という印象を受けます。

実は事件が発覚できたのは、意外な人物の活躍があったようです。

県警サイバー犯罪対策課によると、ボランティアの学生のサイバーパトロールで発覚した。

引用:https://www.sankei.com/

ボランティアの学生が事件を発覚するというのは、非常に珍しいケースかと思います。

彼には是非、賛辞を与えてあげてほしいですね。

ちなみにサイバーパトロールとは、ネット上にある違法・有害情報を巡回しチェックしている、警察機関です。

奥川剛史容疑者の顔画像、Facebook、Twitterは?

奥川剛史容疑者の顔画像は、今の所まだ公開されていませんでした。

大学生という事もあり、今後公開されるかは微妙な所ですね。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

また、Facebook、Twitterアカウントについても調査しました。

Facebookに関しては、実名アカウントが複数存在している為、特定には至りませんでした。

検索結果を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebookの検索結果

Twitterは恐らく削除されたのか、ユーザーアカウント自体がヒットしませんでした。

こちらも一応検索結果を記載しておきます。

⇒Twitterの検索結果

スポンサーリンク

奥川剛史容疑者のプロフィール。彼女はいたのか・・・

名前 奥川 剛史(おくかわ つよし)?
年齢 21歳
住所 名古屋市緑区桃山
職業 私立大3年生
容疑 わいせつ電磁的記録陳列

ニュースサイトやSNSから、簡単なプロフィールを作成しました。

年齢は21歳と非常に若いですね。

容疑に関しては、わいせつ電磁的記録陳列の疑いとされています。

こちらに関しては、後述します。

また、大学生という事で「付き合っている彼女はいたのか」という点が気になったので、調べてみましたが、信憑性のある情報はまだ公開されていませんでした。

しかし、彼女がいたとしたら、相当ショックを受けていると思われますね。

この報道以降に、彼女にいじめや嫌がらせが起きないかという点が、心配です・・・

奥川剛史容疑者の通っていた大学は?

奥川剛史容疑者は、私立大の3年生と報道されています。

通っていた大学を調べてみましたが、名古屋市には私立大が46もあり、特定には至りませんでした。

ですので、奥川剛史容疑者の住んでいると思われる、名古屋市緑区桃山付近の大学を調べましたので、その周辺の地図を記載しておきます。

スポンサーリンク

投稿したわいせつな画像は?

奥川剛史容疑者が使用していた、Twitterアカウントが削除されている事からも、画像を特定することはできませんでした。

わいせつ画像の為、公には中々出てこないとは思いますが、こちらは情報が入り次第加筆させていただきます。

事件の動機、供述。露出症か・・・

奥川剛史容疑者は容疑を認めており、警察の調べに対し、以下のように供述しています。

「自分の性欲を満たすためだった」と容疑を認めている。

引用:https://www.sankei.com/

今回の事件のように、自身の陰部を他者に見せ、その反応を見て性的興奮を感じる方を”露出症”と呼ぶようです。

ですので、奥川剛史容疑者も露出症だった可能性が高いですね。

男性のこのような事件は、比較的報道されていますが、女性はあまり無いですよね。

女性の場合は、陰部ではなく”超ミニスカを履いている方”というのが、露出症にあたるという説があるようです。

こういった露出症の方の事件では、逮捕後メンタルケアをしっかり実施しているようですね。

わいせつ電磁的記録陳列?その刑罰は?

今回の容疑はあまり聞き慣れない”わいせつ電磁的記録陳列”という名前でした。

ざっくりまとめると、記録に残るような媒体にわいせつな文書や画像、動画を掲載し、頒布した場合に適応されるようです。

その刑罰は、”2年以下の懲役若しくは、250万円以下の罰金若しくは、科料”に処せられるとの事。

また、懲役、罰金を併科が適用される場合もあるようです。

今回は学生で、それほど大きな被害が出ていないので、少量の罰金刑である科料に処せられる可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

名古屋市の事件が多発している・・・

最近名古屋市での犯罪が非常に増えている印象を受けます。

日本でも有数の都会地区の為、人口が多いので犯罪件数も相対的に多くなるのは分かりますが、それにしても多い気がします・・・

国民が過重労働や人間関係などのストレスにより、一種のストレス発散として、犯罪に手を染めているのでしょうか。

事件件数が減少していくよう、願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする