恩田貴浩容疑者の顔画像は?信号機があったのになぜ?小2男児、後遺症は?

11月27日のニュースで、群馬県前橋市の交差点を歩いていた公立小2男児が路線バスにはねられたとして、運転手の恩田貴浩容疑者が逮捕されました。

恩田貴浩容疑者の顔画像やFacebook、プロフィールについて調査しました。

また勤務先、事件の原因についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

事件は、11月27日の16時20分頃の群馬県前橋市本町の県道交差点で起きたようです。

群馬県警前橋署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、運転手の恩田貴浩容疑者(24)=下仁田町馬山=を現行犯逮捕した。

引用:https://www.iza.ne.jp/

恩田貴浩容疑者はまだ24歳と非常に若いですね。

高校卒業後すぐに社会に出ていたとしたら、今年で6年目になるので、それなりに勤続年数があるようですね。

また、バス内にはその他小学生9人を含む、計12人が同乗していたとの報道もあります。

バスが急ブレーキをかけたため、乗車していた同市の公立小5年の女児(10)も顔を打ち、軽傷を負った。ほかに小学生9人を含む12人の乗客がいたが、いずれもけがはなかった。

引用:https://www.iza.ne.jp/

今回の事故では、大きなケガが無くて本当に良かったですね。

ただ、軽傷とはいえしっかりと検査を受けて、治療にあたってほしいですね。

恩田貴浩容疑者の顔画像、Facebookは?

今の所、恩田貴浩容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

また、Facebookも調査しましたが実名アカウントが無く、特定できませんでした。

検索結果を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebookの検索結果

スポンサーリンク

恩田貴浩容疑者のプロフィール

名前 恩田 貴浩(おんだ たかひろ)
年齢 24歳
住所 群馬県下仁田町馬山
職業 バス運転手(日本中央バス)
容疑 自動車運転処罰法違反

ニュースサイトやSNSより簡単なプロフィールを作成しました。

先ほども触れましたが、24歳と非常に若いですね。

バス運転手という職業は子供の頃に憧れて就く方が多いとされていますので、恩田貴浩容疑者もバスが本当に好きで運転手になった可能性がありますね。

容疑が本当かどうなのかはまだ分かりませんが、今後の社会復帰が懸念されますね。

ちなみに、恩田貴浩容疑者は容疑を認めているようです。

恩田貴浩容疑者の勤務先の詳細

恩田貴浩容疑者の勤務先は、群馬県前橋市下佐鳥町の日本中央バスと報道されています。

日本中央バスにも何個かあったので、特定には至りませんでした。

その周辺の地図の検索結果を記載しておきます。

事故現場の詳細

事故現場は、群馬県前橋市本町の県道交差点で起きたと報道されています。

現場写真などはまだ公開されていませんので、情報が入り次第加筆させていただきます。

事故現場と思われる、周辺の地図を記載しておきます。

スポンサーリンク

信号機のある交差点でなぜ事故が起きたのか・・・

これまでの事故・事件では、信号機がないことが原因の接触事故が多かった印象を受けますが、今回事故が起きた交差点には、ちゃんと信号機があったようです。

事故の詳細はまだ警察が捜査している段階なので、情報が公開されていませんが、以下の二つが原因の可能性が考えられます。

・被害者の小2男児の信号無視による飛び出しが原因

・恩田貴浩容疑者の疲労による運転ミス、過重労働が原因

どちらも可能性がありますが、最近では過重労働による事故・事件が多く発生しているので、今回もこのケースなのかもしれませんね。

労働者が減ってきている現在だからこそ、起こってしまう事故なのかもしれません。

被害にあった小2男児の学校、後遺症は?

今回バスにはねられた小2男児は、群馬県前橋市の公立小学校に通っていたようです。

事故の時間が夕方なので、下校中に事故にあったのかもしれません。

ケガは比較的軽傷との事ですが、時間が経った後、急に脳に異常が出るケースも十分にありますので、慎重な検査が必要かと思います。

また、後遺症については触れられていませんが、こちらも加味して治療にあたっていただきたいですね。

通っていたと思われる群馬県前橋市の公立小学校が約49件あり、特定には至りませんでした。

以下に、公立小学校の地図検索結果を記載しておきます。

こちらに関しても、情報が入り次第加筆させていただきます。

自動車運転処罰法違反の刑罰は?

自動車運転処罰法違反という言葉はあまり聞き慣れないですよね。

以下、正式名称について調査しました。

これは、交通事故の加害者を処罰するための法律です。正式名称は、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」です。

引用:https://交通事故解決.jp/

この法律は人身事故のケースの場合に適用されるようで、物損事故は当てはまらないようです。

また今回は軽度ですみましたが、死傷も範疇に入っている法律のようですね。

その刑罰は、おそらく”7年以下の懲役又は禁固、又は100万円以下の罰金”に処せられると思われます。

無免許運転などの場合は、さらに刑罰が重くなるようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

・逮捕も仕方ないのかもしれないけど 事故の背景がまだ不明
過失がどちらにあるのかも

それでなくてもバスの運転手はなり手がいないのに 飲酒運転でもないのに 実名報道までされたらやってられないね

・交差点で信号機有り。
ドラレコには、どのように撮影されてるのだろうか?
もしかしたら、子供の飛び出しかもしれないが、子供の行動には十分な注意が必要。
怪我をされたお子さんの、早い回復をお祈りします。

・こういうニュース見るとつくづくバス運転手という仕事はリスクが大きいと思う。
やりたい人減る一方だよな。

・ラジオで駅前に近いあの五叉路(五つ角)だと聞いた。歩行者には面倒な長い歩道橋があるが、自転車は横断歩道扱いだったと思う。その歩行者専用信号が早めに赤になっても信号を守れば恐らく車両との接触は起こらない場所だと思われた。歩道が途中で赤になったり、始めから走った横断だったのだろうか。歩道橋だったならば接触はないはず・・・?詳しく知りたい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

恩田貴浩容疑者が、かわいそうという意見も少なからずあるようですね。

確かに最近では比較的小さな事件・事故でも実名報道がされているケースが多くなってきているようにも感じまね。

今後の報道の改善にも注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする