映画えんとつ町のプぺルが素晴らしすぎたのでご紹介!

障がい者の世界

こんにちは、ゆうぞうです。

 

今回はキングコング西野亮廣さんが監督として制作された映画「えんとつ町のプペル」について書いていきます。

この映画は元が絵本で、その絵本を映画化したものになります。

 

僕はその絵本をまだ読めていないのですが、映画が素晴らしすぎたのでこの記事を弾丸で作成しています。

「映画えんとつ町のプペル」を見て感じた事を率直に書いていきます。

 

では、さっそくいきましょう!
※この先は多少ネタバレが含みますので、苦手な方はご退出ください。

 

スポンサーリンク
 

映画えんとつ町プペルは最高のエンタメでした

引用:https://poupelle.com/

とにかくこの映画を一言で表すと、“最高のエンタメ”でした。

 

映像やストーリーはもちろんですが、西野亮廣さんという人間を知っていれば知っているほど感動できる作品だなと。

 

 

正直、僕はそこまで西野さんの活動を知っている訳ではありません。

YouTubeや書籍は観たり読んだりしていますが、オンラインサロンには加入していませんし、「えんとつ町のプペル」の絵本も見た事がありません。

 

ただ、その辺りを深く知っている人であれば、今僕が感じている以上の感動を感じられた作品だと思います。

 

西野さんが日々仰っている事や行動が作品の中に散りばめられていて、それをどこまで感じ取れるかで、感動の度合いがどんどんプラスされる印象ですね。

 

僕が感動したポイントをいくつかピックアップしてご紹介していきます!

王道ながらグッとくるストーリー

「えんとつ町のプペル」のストーリー自体は、結構王道です。

 

ざっくりお伝えすると、主人公のルビッチが父親の夢を受け継ぎ、その中でいくつもの壁に立ちふさがれながらも夢を叶えるというものです。

 

ただ、僕はめちゃめちゃ泣いてしまいました・・・

 

映画をぜひ見てほしいので詳しくは書きませんが、友情や家族愛、夢追い人の葛藤。

この辺でかなりグッときました。

嫁と一緒に見に行ったのですが、あまりに泣いていると恥ずかしいので、こらえてたのに3回泣きました笑

 

嫁と行っていなかったら、もっと泣いてましたね。

 

泣いたから良い作品という訳ではないと思いますが、僕はこの世の全ての人に見てほしい映画だと思いました。

 

挿入歌が最高すぎる・・・

そして、挿入歌やエンディングの音楽がとにかくとんでもない・・・

 

開始早々、HYDEさんのHALLOWEEN PARTYという楽曲をアレンジした「HALLOWEEN PARTY – プペルVer. -」が流れ、一気に鳥肌立ちましたね。

映像では町民たちのダンスも一緒に流れ、とにかく一気に惹き込まれました。

 

キングコングさんはお二人ともHYDEさんが大好きということで、このバックストーリー含め感動でした。

 

さらに、話題のエンディング曲。

これは西野さんが作曲したそうなのですが、この方の才能はどこまでいくのでしょうか笑

 

僕はギターを弾くので作曲もそれなりにやっていて、制作依頼も良く受けています。

そんな音楽家からしても、曲の構成や音の使い方が絶妙ですね。

 

サビも良いですが、特にBメロが個人的にはグッとくるポイント。

宇多田ヒカルさんのBメロが僕は大好きなのですが、その感覚をこの曲にも感じました。

 

まだ映画を見ていない人は、この曲を聴いてみてください。

きっと映画を見たくなると思います!

エンドロールでも感動できるとは思いませんでした・・・

映画のエンドロールの出演者が流れるクレジットのシーン。

そこでも僕はなぜか感動してしまいました。

 

エンドロールの映像自体も良かったのですが、芦田愛菜さんや藤森慎吾さん、小池栄子さん。

たくさんの著名人がこの作品に関わっていると実感したとき、なぜか感動してしまいました。

 

これはもはや製作者目線ですよね笑

 

おこがましい感覚かもしれませんが、今僕がフリーランスで仕事をしている事や、そこに関わってくれる人達。

それが重なって、込み上げてくるものがありました。

 

何より、

 

町人A:カジサック

 

この表記がめちゃめちゃ感動しました。

もはや何目線か分かりませんが・・・

 

プラス、エンドロールで誰も席を離れていなかった事が驚きでした。

エンドロールが流れると、先に帰っていく人を良く見かけますが、「えんとつ町のプペル」ではそれがありませんでした。

 

これはあくまで噂ですが、上映後に観客全員が拍手していた映画館もあるそうです。

いやー、とんでもないですね。

 

スポンサーリンク
 

「夢追い人が笑われる」今の日本の縮図を表した作品

僕はこの映画を見て、今の日本の縮図だなと率直に思いました。

 

・周りと違う事をすればバカにされる
・夢を語ると笑われる
・世間の当り前を押し付けられる

 

こういう事を作品の中で表現しているように感じました。

SNSはもちろん、リアルな人間関係でも起こるこれらの“自然現象”が反映された作品でした。

 

なので、夢を追っている人はもちろん、普段そういった人を笑いものにしてしまう方にもぜひ見ていただきたい映画だなと・・・

 

僕は西野さん信者とかアンチとか、自分がどっちかは考えた事はないけど、この作品は大好きになりました。

アンチの心情描写がとんでもない破壊力・・・

引用:https://www.cinematoday.jp/

ある場面で、アンチの心情が如実に描写されているシーンがありました。

 

少しネタバレが含みますが、主人公ルビッチの元友達のアントニオというキャラクター。

アントニオは星を見たいという夢を語るルビッチを執拗に毛嫌いして、仲間外れにしていました。

 

というのも、えんとつ町は空が煙に覆われていて、星はもちろん青空すら誰も見た事がない世界だからです。

 

そんな中、アントニオがルビッチを仲間外れにするのは、実はアントニオ自身が過去に星を見たいと願い、実際に星を見た事があったからでした。

アントニオは星を見た事があるけど、「こんな話、誰も信じてくれないだろう・・・」と考えました。

 

「こんな話をしたら、自分はバカにされるんじゃないか」と。

 

そう思い、星を見る事や語る事をあきらめていたアントニオ。

だからこそ、ルビッチが星を見たいと願い、星を見てしまうのが怖かったのです。

 

「あきらめた自分がバカみたいじゃないか・・・」

 

劇中のアントニオのこのセリフが、僕はめちゃめちゃ心に刺さりました。

 

夢を追う人は、なぜこんなにも叩かれるのか。

それは、叩く人が過去に夢を諦め、誰かにその夢を叶えられると、諦めた自分がバカみたいだから。
認めたくないから叩いてしまう。

 

アンチの全てがこうだとは思いませんが、こういった心情の方も多いのかなと思いますね。

映画えんとつ町のプペルを見終わって今思う事

ここまで長く書いてきましたが、「映画えんとつ町のプペル」を見終わって、僕はさらに西野さんが好きになってしまいました笑

 

今後、西野さんがどんな活動をしていくのかとか、どんな考えを持っているのかをもっと深く知りたくなりましたね。

 

オンラインサロンもまだ入っていませんが、入ろうかなとも思いました。

嫁も一緒に映画にいきましたが、見終わった後に「絵本も気になるね」と言っていたので、この映画キッカケで西野さんの活動や作品にさらに興味を持った人は多いのではなかなと思いました。

 

何はともあれ、こんな素晴らしい作品に出会えて本当に良かったなと。

まだ映画を見ていない人は、ぜひ見に行ってみてください!

 

きっと、今の自分の価値観が変わると思います。

 

 

今回はこの辺で・・・

 

では、また!
(最後に予告編を載せておきますので、ぜひ見てみてください!)

 

スポンサーリンク
 

タイトルとURLをコピーしました