隠れた名機!ギター用オーバードライブエフェクター”Camomile” – Blackberry JAM

おすすめ機材

こんにちは、尾島です。

 

今回から僕のおすすめの機材について紹介するコンテンツを作成しました。

第一回は隠れた名機であるBlackberry JAMというブランドの”Camomile”というオーバードライブエフェクターです。

 

 

スポンサーリンク
 

Blackberry JAMのまたの名は”楽器カフェ”


引用:http://www.blackberryjams.net/

 

楽器店で働く前、僕はBlackberry JAMの存在を知りませんでしたが、メーカーサイトを調べてみると、エフェクターを制作するだけでなく、カフェも経営しているブランドだと知り、めちゃめちゃ驚きました。

メーカーサイトには、以下のように表記されてます。

しっとりふわふわの生みたてたまごのしふぉんは、毎日種類を変えてご提供しております。

引用:http://www.blackberryjams.net/

エフェクターの紹介より前の項目に書いてあるので、相当力を入れているんだと思います笑

恐らくエフェクター制作の傍らカフェを経営しているのではなく、どちらも本気で経営しているのだと思います。

東京の杉並区にお店を構えているらしいので、いつか行ってみたいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

Camomileのとにかくこの艶っぽいサウンドを聴いてほしい・・・

そんなBlackberry JAMですが、今回紹介するCamomileはとにかく音が艶っぽいです。

Youtubeに佐々木秀尚氏がデモ演奏している動画があるので、聞いてください。

 

ていうか、めちゃめちゃ良い曲じゃないですか?笑

この暖かい雰囲気というか、情景が自然と見えてくるようなこの感覚がたまらないですね。

 

とまぁ、演奏も格別ですがこのCamomileのハイクオリティなサウンドは十分伝わったかと思います。

ギターのボリュームの追従性とピッキングニュアンスにも非常に敏感で、プレイヤーの出したい音を余すところなくアウトプットしてくれますね。

ゲインを低めにして少しギターのボリュームを絞ったクランチクリーントーンは本当に最高ですねー。

 

ある程度玄人向けなペダル設計かもしれませんが、「このペダルを使いこなすぞ!」という一つの目標として使用するのも良いかもしれません。

Camomileを実際に弾いてみて、サスティーンの豊かさにビックリ


引用:http://www.blackberryjams.net/

実際に僕も弾いてみましたが、色々特筆店はありますが、特に感動したのがサスティーンの豊かさです。

ペダルの中にはアタック感は強調できるけど、ディケイ(音の減衰)が早いという物もありますが、Camomileはそのアタックの後ろの音、つまりサスティーンがめちゃめちゃ豊かでした。

これは好みで分かれますが、僕はこの豊かなサスティーンにハマりましたね。

ミドルの帯域をキープしつつ、心地よく伸びていく感じです。

 

知り合いのプロギタリストに弾いていただきましたが、その方もこのサスティーンの豊かさに感動していました。

元々Blackberry JAMが好きな方ではありましたが、Camomileは特に気に入り即ボード入りしていました笑

 

オーバードライブに迷っているなら、Camomileがおすすめ

これまで紹介してきたように多くの優秀な側面を持ち合わせたペダルなので、設定次第でバッキングからソロまで対応できる優秀な一台ですね。

コンセプトがアンプ直で鳴らしたような”アンプライクなサウンド”なので、自分のマイアンプを持っていない人にはかなり重宝すると思います。

動画でも使用していますが、スタジオにはだいたいRolandのJC-120があります。

Camomileは、一台でこれだけのサウンドメイクができるので、オーバードライブに迷っているなら、Blackberry JAMのCamomileをおすすめします。

 

サウンドハウスで取り扱っていないのが少々痛い所ですが、アマゾン等では取り扱いがあるようです。

 

⇒Amazonで価格を調べる!

 

では、また。

 

スポンサーリンク
 

 

タイトルとURLをコピーしました