大紀町 警察官ひき逃げの犯人像は?名前・顔画像は?於久裕彦さんとの関係は?

2月23日のニュースで、三重県大紀町の路上で60歳の男性警察官 於久裕彦さんが倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、死亡が確認。

警察はひき逃げ事件として調査しているようです。

大紀町ひき逃げ事件の犯人像、名前や顔画像を調査しました。

また、於久裕彦さんとの関係性についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:http://www.news24.jp/

事件は2月23日午前4時、三重県大紀町国道42号の路上で起きたようです。

警察によると23日午前4時半前、三重県大紀町の国道42号の路上で「男性が道路で倒れている」と通行人から110番通報があった。警察がかけつけると、大台警察署の地域課長・於久裕彦さん(60)が信号交差点の横断歩道上で倒れていて、すぐに病院に搬送されたが死亡が確認された。

引用:http://www.news24.jp/

現場にスリップ痕が無かったために警察は”ひき逃げ”として調査しているようです。

横断歩道上で倒れていたという事から、青信号で歩道を歩いていた和久裕彦さんに、本来赤信号で止まっているはずの犯人の車が突っ込んだと考えられますね。

まさか、警察官が信号無視をするとは考えにくいので・・・

於久裕彦さんは大台警察署の地域課長を務めており、来月末で定年を予定していたようです。

これまで懸命に警察官の職務を全うし、綺麗な有終の美を来月迎える予定のはずが、ひき逃げ事件に巻き込まれるという、言いようの無い無念な気持ちで一杯になってしまいますね。

スポンサーリンク

大紀町 ひき逃げ事件の犯人像、名前・顔画像は?

引用:http://www.news24.jp/

大紀町 ひき逃げ事件の犯人について調査しました。

しかし、今の所有力な情報が公開されておらず、特定できませんでした。

名前・顔画像・車種など全てにおいて情報が不足しています。

ですがひき逃げの場合、接触した車側も損傷していると考えられますし、部品も現場近くで発見されるというケースも非常に多いため、捕まるのも時間の問題とネットでは言われていますね。

大きな通りなので、目撃者の情報からも特定されるかもしれません。

さらに飲酒運転では?という声も多いので、こちらに関しても情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

大紀町 ひき逃げ事件の犯人と於久裕彦さんの関係性は?

引用:http://www.news24.jp/

大紀町 ひき逃げ事件の犯人と警察官 於久裕彦さんとの関係性についても調査しました。

顔見知りの可能性はあるのか?という点で調査しましたが、情報が少なく特定はできていません。

しかし、スリップ痕が無かったという点から”面識は無い”と考えられます。

仮に於久裕彦さんを狙っての犯行と考えた場合、ブレーキを掛けずそのまま全速力で突き抜けると考えられます。

その場合はスリップ痕は残りませんよね。

また、故意でなくぶつかってしまった場合、顔見知りの場合は車を止めて、安否を確かめるはずですので、こちらの線も薄いかと思われます。

(顔が判別できたという前提ですが・・・)

これらの事から面識は無いと考えられますね。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

大紀町 ひき逃げ事件の事件現場の詳細

引用:http://www.news24.jp/

今回ひき逃げ事件が起きたのは、三重県大紀町の国道42号と報道されています。

ここは人通りも多いので、目撃者も必ずいると思われますね。

周辺地図を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

ネットの反応

・ひき逃げは、絶対に検挙されなければならない。
逃げ得なんてありえない。捜査が尽くされ犯人を挙げて下さい。
こんなかたちで、警察官の命が失われたことは遺憾。
ご冥福を祈ります。

・午前4時台のひき逃げだと
飲酒運転だった可能性が高いかな。

・退職で贈られるべき花束が、違う花束で送られるとは・・・・・・・・
早急にひき逃げ犯を捕まえる事が一番のはなむけだと思う。

・警察官でなくても、定年間際に…は悲しいけれど。
今は地域課長のこの方、在職時はひき逃げの捜査はもちろん、飲酒運転や色々な交通違反の取り締まりもしたことだろう。
なのによりによって、交通事故でお亡くなりになるとは…。
定年を祝う飲み会の帰りか、はたまた、非常招集でもあったのか…。
御冥福をお祈り致します。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ネットのコメントでも、於久裕彦さんの気持ちを代弁するかのような意見が多く見受けられますね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする