ヤマハ トランスアコースティックの機能とは?~レビュー~

多ジャンルに渡りそのクオリティの高さが評価されているYAMAHA(ヤマハ)。

今回はそんなYAMAHAから発売されている「TA(トランスアコースティック)」ギターについて解説していきます。

普通のアコースティックギターと何が違うのか・・・

ラインナップも含めレビューしていきます。

スポンサーリンク

生音で空間系エフェクトが使える!?

ギターに限らず、様々な楽器では楽器本来の音色に特殊効果を付加させるエフェクターという機材があります。

その種類は無数にあり音をロックなサウンドにする”歪み系”エフェクターや、残響感や音に揺らぎを与える”空間系”エフェクターなど様々です。

挙げるとキリがないですが、いくつかエフェクターの種類を記載します。

種類 代表例
歪み系 オーバードライブ、ディストーション、ファズ
空間系 リバーブ、コーラス、モジュレーション、ディレイ
ダイナミクス系 コンプレッサー、ノーマライザー、マキシマイザー
フィルター系 ローパス/ハイパスフィルター、ノイズゲート
ボリューム系 ボリュームペダル、ワウ、ブースター

(これはごく一部なので、詳細については割愛させていただきます。)

このように普通の楽器では音に何かしら効果を付加させるには、アンプやエフェクターに接続する必要があります。

その為、アコースティックギターでもこれまで生音(アンプを繋いでいない状態)では、ギターそのままの音しか出す事ができませんでした。

そこで、YAMAHAが独自に開発したのがTA(トランスアコースティック)というシステムです。

このトランスアコースティックシステムを搭載したアコースティックギターでは、アンプ、エフェクターを使わずに特殊効果を付加させることが可能となりました。

”ギターとエフェクターが一体化した”というイメージを持っていただければ良いかもしれませんね。

使えるのは”リバーブ”と”コーラス”

今回ご紹介するTAギターに搭載されている特殊効果は、”リバーブ””コーラス”という空間系エフェクトです。

実際に動画でその革新的なサウンドをご体感ください。

動画でも伝わる通り、搭載されているエフェクトのクオリティは非常に高く、リッチなサウンドメイクが可能となっている印象です。

リバーブとは音に残響感を与えてくれるエフェクトで、TAには”ホール”と”ルーム”という2モードが搭載されており、効果は以下の通り。

モード名 効果 
ホール その名の通りまるで大きなホールで鳴らした時の様な残響感を演出
ルーム 室内で鳴らした時の様な残響感を演出

また、ツマミの回し加減でリバーブの深さ(残響のかかり具合)を変更する事が可能との事。

コーラスとは音に揺らぎを与えてくれるエフェクトで、TAでは1モードのみの仕様になっており、ツマミの右に回していくと深さ(揺らぎ具合)が変わっていきます。

原音も含め豪快に揺らしているサウンドという印象で、設定次第では強烈なコーラスを掛ける事が可能ですね。

(原音とは、エフェクトをかけていないナチュラルな音色の事を指します)

スポンサーリンク

エレアコとしても使える!

またアンプラグド(電源/電力を使わない状態)だけでなく、アンプに繋いでエレアコとしても使用する事が可能です。

エレアコとは、エレクトリック・アコースティックギターの略でギター本来の音の大きさをアンプというスピーカーを使って、増幅させられる楽器の事ですね。

アンプに繋いでもTAに搭載されているリバーブ、コーラスが使用でき、様々なシチュエーションに対応しているようです。

ただ、メインとしてはやはりアンプに繋がずにアンプラグドで使用するというのがコンセプトのようで、昨今増えてきている弾き語りユーザー路上ライブに最適かと思われます。

メロディ、伴奏共に1人で演奏するソロギタースタイルにもとても相性の良い印象を受けます。

幅広いユーザーに合わせたラインナップ

このTAシリーズには現在4種類のモデルが発売されています。

モデル名 詳細
LL-TA ARE加工を施したL16を元に作られたサイズの大きいモデル
LS-TA ARE加工を施したL16を元に作られたサイズの小さいモデル
FG-TA FG820シリーズを元にし、コストを抑えたサイズの大きいモデル
FS-TA FS820シリーズを元にし、コストを抑えたサイズの小さいモデル

※ARE加工とは・・・新しいギター(木材)でも使い込んだような、深みのあるサウンドを再現できる加工の事。

最初は13万円前後でLL/LS-TAが発売され、その圧倒的なサウンドクオリティから人気を博したそうです。

その後、もっと多くの方にTAシリーズを弾いてもらうべく7万円前後のFG/FS-TAを発売。

やはり”ARE加工”が施されているLシリーズの方が生音のクオリティが高く人気があるようです。

しかし、搭載しているTAシステムは同じものなので、空間系エフェクトのクオリティはどのモデルも変わらないとの事。

なので予算を抑えたい方は、FG/FS-TAを選択されても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

初心者でも使いやすい!

TAシリーズは説明を聞いていると使うのが難しそうな印象を受けますが、操作は簡単でボリュームボタンを長押しするだけでエフェクトを付加させられるようです。

エフェクトの効果のかけ具合を決めるツマミも比較的直観的に操作が可能で、サウンドメイクも簡単に行えるという意見も多数あるようです。

また、元々YAMAHAのギターはバランスが取れており、低音から高音までしっかりアウトプットしてくれる印象。

さらに一本一本作りがしっかりしており、オープンコードも押さえやすく初心者の多くがYAMAHAのギターを愛用しているようです。

今回はYAMAHAから革新的なアコースティックギターが発売されましたが、今後どのようなギターが開発されていくのか、非常に楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする