和久昌幸容疑者らの顔画像、Facebookは?犯行手口が秀逸!?2000万円を詐取

11月15日、育児休業を装い国の給付金をだまし取ったとして、大阪府堺市南区の会社役員である和久昌幸容疑者らが詐欺容疑で逮捕されました。

和久昌幸容疑者らの顔画像、Facebook、プロフィールについて調査しました。

また、犯行手口についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕されたの11月15日ですが、実際に事件が起きていたのは2016年8月~12月頃のようです。

育児休業を取得したように装い、国の給付金をだまし取ったとして、大阪府警は15日、堺市南区の会社役員、和久晶幸(まさゆき)容疑者(34)ら3人を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。府警は、同様の手口で計約2000万円を詐取したとみている。

引用:http://mainichi.jp/

和久昌幸容疑者(34)の他に、京都市西京区の会社役員である津田悠紀容疑者(31)と大阪市西成区の元社会保険労務士の東田恭典容疑者(42)が逮捕されました。

それぞれ年齢が離れており、どのような接点があるのか気になりますね。

借金が増えて大変な今の日本国から、不正に給付金をだまし取るというのは、許されない行為ですね。

和久昌幸容疑者らの顔画像、Facebookは?

今の所、和久昌幸容疑者らの顔画像は公開されておりません。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

また、和久昌幸容疑者のFacebookについても調査しました。

フルネームの実名アカウントがありましたが、特定には至りませんでした。

検索結果を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebookの検索結果

スポンサーリンク

和久昌幸容疑者らのプロフィール

名前 和久 昌幸(わく まさゆき)
年齢 34歳
住所 大阪府堺市?
職業 会社役員
容疑 詐欺罪

名前 津田 悠紀
年齢 31歳
住所 京都市西京区
職業 会社役員
容疑 詐欺罪

名前 東田 恭典
年齢 42歳
住所 大阪市西成区
職業 元社会保険労務士
容疑 詐欺罪

ニュースサイトやSNSから、簡単なプロフィールを作成しました。

プロフィールから3人とも関西圏だという事がわかりますね。

それぞれの会社の仕事を通じて知り合ったのか、昔からの知り合いなのかは報道されていませんが、年齢層を見ると会社を通じて知り合った可能性が高いと思われますね。

この3人がチームとなって、およそ2000万円をだまし取ったと言われています。

その内の1人、東田 恭典容疑者の元職業は社会保険労務士と言われる国家資格が必要な仕事と報道されており、相当賢い頭脳を持っていると思われますね。

今回の詐欺事件のブレーン的存在だったのでしょうか・・・

和久昌幸容疑者の勤務先は?

和久昌幸容疑者の勤務先は、まだ公開されておりませんでした。

ただ大阪府堺市の会社役員と報道されていますので、付近の地図を記載しておきます。

スポンサーリンク

犯行の手口が公開!

今回和久昌幸容疑者らが行ったと思われる、詐欺事件の手口が公開されていました。

和久容疑者が、津田容疑者が経営する会社の社員になりすまし、育休を取得したように装った虚偽の申請書を大阪労働局の公共職業安定所に申請。3回で計約160万円の育児休業給付金をだまし取ったとしている。

引用:http://mainichi.jp/

さらに・・・

受給申請の手続きは社会保険労務士だった東田容疑者が代行したという。

引用:http://mainichi.jp/

犯行はかなり計画的なものと思われますね。

同じ会社内で虚偽申請するのではなく、別の会社の社員になりすましたという点が、今回の事件の発覚に時間がかかった要因なのでしょうか。

さらにその申請の手続きを受理したのが、3人の内の一人の東田容疑者であると言われているようですね。

この手口を複数回行い、2000万円をだまし取ったという流れのようです。

また、事件が発覚したのは今年1月、大阪労働局が大阪府警に告発したことがきっかけのようです。

犯行の動機、供述は?

動機については、まだ正式な発表がされていませんでした。

他人に認められたい承認欲求の可能性や、ただ単にお金に困っての犯行という可能性もありますね。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

また、今の所大阪府警は容疑の認否は明かしていないようです。

スポンサーリンク

犯行に利用した育児休業給付金のシステムについて

育児休業給付金とはその名の通り、育児の為に会社を休み、その間は雇用保険から給付金が支給されるというシステム。

以下、計算式の概要です。

給付金のもととなる金額の計算式
育児休業期間中の180日目まで:休業開始時賃金日額×支給率67%×支給日数
育児休業期間中の181日目から:休業開始時賃金日額×支給率50%×支給日数

引用:https://育児休業給付金.com/

こういったシステムを使って、今回和久昌幸容疑者らは詐欺を行ったとされています。

犯行手口やシステムが公開されると未然に犯罪を防ぐことに役立ちますが、その一方で模倣犯が出てしまわないかという不安覚えてしまいますね。

今後の対策が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする