山根宣彦容疑者の顔画像は?衝突原因は不注意か。事故現場の画像は?

11月30日のニュースで、神奈川県横浜市青葉区藤が丘の市道で道路を横断していた吉野芙美子さん(72)をはねたとして、横浜市青葉区千草台の会社員、山根宣彦容疑者を現行が犯逮捕されました。

山根宣彦容疑者の顔画像、Facebook、プロフィールについて調査しました。

また事故現場や原因、さらに家族構成や勤めていた会社名についても調査しました。

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

事故の概要

事故は、30日の午前7時20分頃、神奈川県横浜市青葉区藤が丘の市道で起きました。

逮捕されたのは、同区千草台の会社員、山根宣彦容疑者(58)。容疑を認めている。

引用:https://www.sankei.com/

山根宣彦容疑者は容疑を認めているようですね。

そして、この事故で散歩の為外出していた、吉野芙美子さん(72)が亡くなってしまいました。

道路を横断中の無職、吉野芙美子さん(72)=同区梅が丘=が普通乗用車にはねられ、病院に搬送されたが全身を強く打っており、約1時間半後に死亡が確認された。

引用:https://www.sankei.com/

その為、山根宣彦容疑者には自動車運転処罰法違反(過失致傷)から、同法違反(過失致死)の容疑が掛けられています。

最近高齢者が被害に合う交通事故が、非常に多い気がしますね。

ご冥福をお祈りいたします。

山根宣彦容疑者の顔画像、Facebookは?

山根宣彦容疑者の顔画像を調査しましたが、今の所公開されていませんでした。

こちらに関しては、情報が入り次第加筆させていただきます。

また、Facebookについても調査しましたが、複数の実名アカウントが存在している為、特定には至りませんでした。

検索結果を記載しておきますので、気になる方は調べてみてください。

⇒Facebookの検索結果

スポンサーリンク

山根宣彦容疑者のプロフィール。家族はいたのか・・・

名前 山根 宣彦(やまね のぶひこ)
年齢 58歳
住所 神奈川県横浜市青葉区千草台?
職業 会社員
家族構成 不明
容疑 自動車運転処罰法違反(過失致死)

ニュースサイトやSNSから、簡単なプロフィールを作成しました。

被害者も72歳でしたが、山根宣彦容疑者も58歳とそれなりにご高齢ですね。

家族構成が気になったので調べてみましたが、今の所有力な情報は公開されていませんでした。

しかし、58歳という年齢なら孫が居てもおかしくない年齢ですし、結婚している可能性は十分にありますね。

山根宣彦容疑者の勤務先は?

山根宣彦容疑者は、神奈川県横浜市青葉区千草台の会社員と報道されています。

その会社名にも調べましたが、特定には至りませんでした。

せめて、もう少し何系の職種か報道されれば分かると思うのですが・・・

ですので、横浜市青葉区千草台周辺の地図を記載しておきます。

スポンサーリンク

事故現場の詳細

今回事件が起きた現場の詳細を調べましたが、こちらは大まかには報道されていますが、画像などはまだ公開されていませんでした。

こちらは、山根宣彦容疑者の会社があると思われる、千草台から事故現場までの車での経路を調べた地図を記載しておきます。

こう見ると、事故現場まで車で2分と、非常に近いことが分かりますね。

事故の原因は、また信号機か?

今回事故が起きた状況を、以下のように報道されています。

同署によると、現場は信号機のない片側1車線の直線道路。近くを歩いていた男性が「大きな音がした」と110番通報。

引用:https://www.sankei.com/

一番の原因は、やはり”信号機がなかった”事だと思われます。

この信号機が無かったという状況と、山根宣彦容疑者の不注意が重なっての事故だと考えるのが妥当ですね。

現在、市の予算がどこも少ないとは思いますが、こういった事故が多発している為、しっかりと信号機を設置していただきたいですね。。。

もしかしたら、信号機があれば、未然にこの事故は防げたかもしれません。

スポンサーリンク

被害者の”散歩”が原因の可能性も・・・

しかし、吉野芙美子さんが原因という可能性も少なからず残っています。

吉野さんは家族に「散歩に行く」と告げて外出していたという。

引用:https://www.sankei.com/

吉野さんは一人で散歩の為に外出していたと思われます。

ですので、吉野さんの不注意によって今回の事故が発生したとも考えられますね。

吉野さんは72歳というご高齢なので、外出の際にご家族の方が同伴していたら、事故が起きなかったかもしれませんね。

今回の事故は、今さらながら本当に悔やまれますね。

自動車運転処罰法違反(過失致死)の刑罰

今回山根宣彦容疑者にかけられている容疑は、自動車運転処罰法違反(過失致死)です。

自動車運転処罰法違反という言葉はあまり聞き慣れないと思います。

以下、正式名称について調査しました。

これは、交通事故の加害者を処罰するための法律です。正式名称は、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」です。

引用:https://交通事故解決.jp/

この法律は人身事故のケースの場合に適用されるようで、物損事故は当てはまらないようです。

また今回は軽度ですみましたが、死傷も範疇に入っている法律のようですね。

その刑罰は、おそらく”7年以下の懲役又は禁固、又は100万円以下の罰金”に処せられると思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

・はっきりはわからないが前方不注意です。
スマホいじりながらの運転だった可能性もある。
私はバイクに乗っているがいじりながらの運転は多いですよ。
電車の中でも四六時中やっている者は憑りつかれているので止める事はできない。

・通勤通学時間帯。信号があろうがなかろうが横断歩道があろうがなかろうがどこから人や自転車が出てくるか横断してくるかわからない。
状況がわからないけれどスピード出し過ぎず気をつけながら運転してれば防げたはずの事故なんじゃないかな…

・なんか全く歩行者気にしない車多いよね
ガードレールのない道を歩いてる歩行者の横スレスレをすっ飛ばしていったり
保育園と小学校が並んでる小道を明らかに飛び出しに対応できないスピードで走ってたり
車に乗ってるのって破壊力的には鉄パイプ振り回しながら歩いてるのよりも上だと思うんだけど、なんであんなに無造作になれるんだろ

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ネットでは前方不注意、スマホを見ながらの運転が原因かと推測されていますね。

今後の再発防止も含め、しっかりと対策を取っていただきたいですね。

続報が待たれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする